危険情報伝達(ハザードコミュニケーション)




危険情報伝達(ハザードコミュニケーション)の重要性

化学物質への暴露は、癌、薬傷、心臓病、腎臓や肺の損傷、不妊症、発疹のような多くの重大な健康への影響を引き起こします。

作業環境において化学物質の危険にさらされる作業員に、暴露の有害な影響から自分自身を守る方法としての情報と指示を与えることは重要です。




日本の通知義務

日本においてもようやく労働安全衛生法やPRTR法などにより、ラベルやMSDSによる通知義務が定められました。

労働安全衛生法57条および57条の2です。

(表示等)
第五十七条  爆発性の物、発火性の物、引火性の物その他の労働者に危険を生ずるおそれのある物若しくはベンゼン、ベンゼンを含有する製剤その他の労働者に健康障害を 生ずるおそれのある物で政令で定めるもの又は前条第一項の物を容器に入れ、又は包装して、譲渡し、又は提供する者は、厚生労働省令で定めるところにより、 その容器又は包装(容器に入れ、かつ、包装して、譲渡し、又は提供するときにあつては、その容器)に次に掲げるものを表示しなければならない。ただし、そ の容器又は包装のうち、主として一般消費者の生活の用に供するためのものについては、この限りでない。
一  次に掲げる事項
イ 名称
ロ 成分
ハ 人体に及ぼす作用
ニ 貯蔵又は取扱い上の注意
ホ イからニまでに掲げるもののほか、厚生労働省令で定める事項
二  当該物を取り扱う労働者に注意を喚起するための標章で厚生労働大臣が定めるもの
2  前項の政令で定める物又は前条第一項の物を前項に規定する方法以外の方法により譲渡し、又は提供する者は、厚生労働省令で定めるところにより、同項各号の事項を記載した文書を、譲渡し、又は提供する相手方に交付しなければならない。

(文書の交付等)
第五十七条の二   労働者に危険若しくは健康障害を生ずるおそれのある物で政令で定めるもの又は第五十六条第一項の物(以下この条において「通知対象物」という。)を譲渡 し、又は提供する者は、文書の交付その他厚生労働省令で定める方法により通知対象物に関する次の事項(前条第二項に規定する者にあつては、同項に規定する 事項を除く。)を、譲渡し、又は提供する相手方に通知しなければならない。ただし、主として一般消費者の生活の用に供される製品として通知対象物を譲渡 し、又は提供する場合については、この限りでない。
一  名称
二  成分及びその含有量
三  物理的及び化学的性質
四  人体に及ぼす作用
五  貯蔵又は取扱い上の注意
六  流出その他の事故が発生した場合において講ずべき応急の措置
七  前各号に掲げるもののほか、厚生労働省令で定める事項
2  通知対象物を譲渡し、又は提供する者は、前項の規定により通知した事項に変更を行う必要が生じたときは、文書の交付その他厚生労働省令で定める方法により、変更後の同項各号の事項を、速やかに、譲渡し、又は提供した相手方に通知するよう努めなければならない。
3  前二項に定めるもののほか、前二項の通知に関し必要な事項は、厚生労働省令で定める。




米国における通知義務(HAZCOM:ハズコム)

米国では、化学物質の危険性を作業者に通知する義務がOSHA基準29CFR1910.1200で"Right to Know"、 ハザードコミュニケーション(HAZCOM:
ハズコム)として定められており、参考になります。


【HAZCOMの目的】

この基準の目標は、事業者と従業員が化学物質の危険と自分自身の保護方法を知ることを確実にすることである。


【適用範囲】

小売店で売られる、使用される、準備される、または個人消費のための食物、アルコール飲料、化粧品など以外はHAZCOMの対象となる。


【HAZCOMの方針】

HAZCOMは、化学物質製造業者、販売者、輸入業者に、製造、販売、輸入する危険化学物質を評価し、使用者に通知することを要求するとともに使用する事業者に対しても要求を課している。


【責任】

事業者の責任は次のとおりである。

  容器へのラベリングを確実化
  MSDSの調達、維持、使用
  情報提供と訓練
  HAZCOMプラン文書の作成


【HAZCOMの構成要素】

HAZCOMには次の7つの主な要求がある。

  化学物質インベントリー(目録)
  ラベリング
  製品安全データシート
  非定常作業
  Multi-Employer Workplace
  トレーニング
  HAZCOM計画


【化学物質インベントリー】

インベントリーはHAZCOMでカバーされる全ての化学物質の記録を残すために使われる。MSDSで参照される危険化学物質の存在を知らせるリストである。

インベントリーには通称、商標、危険化学物質の製造業者、保管または使用場所、量を含むとよい。


【容器およびラベル】

作業場で使われる化学物質の容器は次に大別される。
初期容器は、製造業者または販売者から購入する、事前にラベルがつけられた容器である。
二次容器もまた事業者が危険化学物質を製造者の初期容器から、保管や少量の使用のためにもうひとつの
  容器に移すときに使われる。
据付容器は大きな常置の容器である、保管タンクがよい例である。
ポータブル容器は即時の使用のために少量の化学物質がもう別の容器に移されるときに使われる。多くの
  場合、二次容器はポータブル容器の一種である。
 
初期容器ラベリング
初期容器には製造、輸入または販売業者が次の項目を表示しなければならない。たとえば"危険"というラベルでは十分ではない。"危険、目に刺激"のように表示することが必要となる。
製品名
製造業者名および住所
健康影響と関連臓器
二次容器ラベリング
事業者は最低限次の情報と共に、全ての危険化学物質の二次容器にラベル、タグなどにより表示することを確実にする責任がある。
危険化学物質であること
適切な危険警告、文字、絵、最低でもその危険化学物質に関する一般的な情報を与える表示は他の
  情報(例えばとMSDS)と共に、事業者に危険化学物質の物理的および健康障害に関する明確な情報
  を提供する。
注:JIS、NFPA、HMISまたは事業所独自のラベリングシステムが使われる場合、従業員に対してラベル
  の読み方と解釈の方法の訓練を提供しなければならない。
ポータブル容器ラベリング
OSHAでは、ポータブル容器にはラベルを貼ることが要求される。 例外としてはポータブル容器に充填した従業員のみがそれを使用する場合である。
据付容器ラベリング
事業者は二次容器に必要とされるのと同じ情報を含むラベルを据付容器にも貼付しなければならない。

【MSDS】

GHS(グローバル・ハーモナイズド・システム)による絵表示を含めて、統一化が図られている。


【トレーニング】
対象者
事業所内に立入るフルタイム、パートタイム従業員、臨時雇用者は訓練を受けなければならない。
さらに事業者は各従業員の作業場にある危険化学物質に関する知識レベルを評価することが必要である。
また、請負者に対しても従業員と同様のトレーニングが必要である。
トレーニングの頻度
就業前および新しい物的危険または健康障害が伝えられたときにHAZCOM訓練を提供することが要求される。また、要求はないが、年次訓練が推奨される。
HAZCOM訓練の間に提供すべき情報
法令の要求事項(29 CFR 1910.1200)
危険化学物質の存在する作業場での作業内容
危険化学物質の存在や放出を検出する方法と報告
作業場で使用される化学物質の物的危険と健康障害
従業員が化学的危険に対して自分自身を保護するためにとる方法
HAZCOM計画の場所、利用方法、詳細

【非定常作業】

HAZCOMプログラムは、事業者が従業員に日常的でない非定常作業の危険を知らせる方法も含まなければならない。
この情報は次を含む。

   特定の化学物質の危険
   事業者が講じる予防/安全対策
   危険を低減するために講じる手段




以上のようにHAZCOMはシステム化されている点が素晴らしく、多くの組織においても学ぶべき点が多いものと思います。







企業の環境&安全衛生、ISO14001、
OHSAS18001の担当者、管理責任者を支援する
無料メールマガジンです。是非ご登録ください。

弊社へのお問合せ

メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せ
028-650-5070(24時間受付)

お電話でのお問合せ

0120-43-9679 
平日9:00~16:00、土日祝休業