OSH担当者の復権(OSHスペシャリストとしてのキャリアアップ)




社内においても社会においてもOSHスペシャリストとしてのキャリアアップは人生に好影響をもたらします。

   ※ キャリアアップとは、より高い資格・能力を身につけること。
     経歴を高めること。

私の場合も、キャリアアップ、特に公的資格の取得は私の人生に深く影響を及ぼしたと思います。

私の資格取得を含む経歴については
サイト運営者の顔で詳述しています。
環境ワークス株式会社
代表取締役 黒崎由行


資格取得のメリット


資格取得には、主として次のようなメリットがありました。

   スペシャリストとして社会的な信用を獲得
   起業やビジネスチャンスの創出
   コンサルタント会など人脈の発展

独立、ビジネス、ISO審査機関との契約、資格関連団体への加入による人脈拡大など、安定的にビジネスを拡大できたのも資格によるところが大きいといえます。




資格取得のコツ

皆様にも資格の取得をお薦めしますが、OSH担当者の方々の中には、多くの資格を取得している方もいれば、一方で資格ゼロの方もいます。それは頭の良し悪しでは決してありません。それはコツを掴んでいるか否かの差であり、そのコツを伝授したいと思います。

私は企業のOSH担当者時代は資格取得の事務局もしていました。一流大学卒の優秀な面々が危険物(乙4)等の試験にすら合格できない様子を数多く見ていましたが、不合格者の典型的な受験対応は概ね次のような状況です。

      会社から参考書と問題集を与えられると数ページに目を通す。
                    
      一見してこれは難しそうだと思い放置する。
                    
      今年は無理だと思うが来年の参考のために一応受験する。
                    
      最初の単元か午前中のみ受験してあとは早退する。


国家試験の合格率は3割前後ですが、上記のとおり多くの受験者は「受験するだけ」であり、ある程度(一通り)の受験勉強をした方の合格率は6~7割以上の合格率があると考えられます。
見かけの合格率に惑わされずに、まずは一歩を踏み出しましょう。

では、コツをお教えしましょう。

100点を取る必要はないのです(通常の合格率は60点程度)。OSH関連の資格を取得する場合、OSH担当
  者は仕事に関連する訳ですから丁寧に内容を見ていけば一定割合は理解できる筈で、そこから合格ラインの
  6割程度までの積み上げをすればいいのです。

試験問題の傾向は大きくは変わらないのですから、参考書よりも問題集を中心に学習することが有効です。
  特に苦手な問題は後回しにするか捨ててしまうことも大切です。

「法令」は最低条件です。多くの方は法令問題を後回しにするのですが、マークシートではない以前の国家
  試験では法令が基準に満たない場合は他の単位は採点すらしなかったと言われるくらい優先順位は高いの
  です。

国家試験は「理解」よりも「暗記」です。暗記において有効なのはレコーダーです。私の場合、以前は車通勤
  でしたので暗記すべき用語や係数などはテープに吹き込んで車中で聞くことにより覚えていました。
  今ならボイスレコーダーが有効です。レコーダーに吹き込む内容を整理する時点で既に他の方をリードしている
  のです。
 




最も重要なことはモチベーションです。積極的に生きるのか受身で過ごすのかは貴方の選択次第です。

貴方のキャリアアップのために是非とも資格取得にチャレンジしてください。





企業の環境&安全衛生、ISO14001、
OHSAS18001の担当者、管理責任者を支援する
無料メールマガジンです。是非ご登録ください。

弊社へのお問合せ

メールでのお問合せはこちら

FAXでのお問合せ
028-650-5070(24時間受付)

お電話でのお問合せ

0120-43-9679 
平日9:00~16:00、土日祝休業